東大生の家庭教師

学校以外で勉強教える教師として家庭教師があります。国家資格ではないのですが、主に小学生から高校生を対象としているもので、対象となる子供の家で勉強を教える教師です。目的としては学校の授業での予習のための勉強や理解度の不足の勉強を教える場合と受験勉強を教えて志望する学校に合格させるために依頼されることが多いです。

家庭教師を務めるのは、主に社会人や大学生が多く中でも大学生が学業の傍らでアルバイトとして行うことがあります。現在では、個別の家庭教師の指導を行う人たちよりも家庭教師事業者として家庭教師センターなどの法人組織が主体となっています。この法人組織は派遣会社形式として家庭教師を仲介または派遣することが主な活動となります。全国展開している法人組織もあれば地域密着型の組織も存在しており、どちらも結果が重視される職業となります。たとえ規模が大きい法人組織であっても実績がなければ重要がないのが家庭教師の実情だといえます。そのため家庭教師を務める人は優秀な学力を求められることになります。

法人によっては家庭教師を希望する人に試験を行いランクをつけることで待遇が異なることになります。受験生や子供の教育に熱心な両親にしてみれば優秀な知識を持っている人が家庭教師として勉強を教えてもらうのが理想となります。この場合には日本で優秀な大学に入学または卒業している場合には、優秀な家庭教師と考えることができます。日本では東大生は家庭教師の世界では人気のある学生になります。そこで次のページから東大生の家庭教師について説明させていただきます。