個人の東大家庭教師

家庭教師を依頼するときに悩むのが企業の派遣型家庭教師か個別家庭教師のどちらに選択するかです。企業の方がノウハウがあり多くの学生が所属していることにより東大の家庭教師を希望することも可能となります。また、最近では誰もが家庭教師になれるわけではなくテスト等を行い合格した者だけが家庭教師として働くことができるシステムが企業により確立されています。その優秀な家庭教師を利用できるならば派遣企業の家庭教師を依頼するのが良い結果を得ると考えることができます。

しかし、侮れないのが個人の家庭教師です。個人の家庭教師は東大出身や東大生も存在しており優秀な人材が個別に契約先をみつけて家庭教師を行っています。この個別の家庭教師の場合には家庭教師を希望するオファーがなければ口コミにより家庭教師の依頼があります。

ここで注目したいのが口コミという点です。口コミの場合には過去に家庭教師の経験があり、それなりの実績があるため家庭教師の紹介があると考えることができます。家庭教師と生徒の相性もありますが実績のある家庭教師も大変魅力あるものになります。子供が希望する学校と同じ様に進学に成功した場合には個人の家庭教師を依頼する方が合格を獲得する確率が高くなります。